政治・選挙


電化商品再利用法とは? その2

特定家庭用機器再製品化法、俗に言う、電化商品再利用法によると、家庭から出る家電でもその法律に指定されている品物があります。

エアーコンディショナーをはじめ、TV、冷蔵庫、そして洗濯機、これらの4タイプが「特定家庭用機器」と指定されました。

これに従って、小売業者の義務は、一体どのように決まったのでしょうか?
家庭やあるいは、事業所など排出者からの電化商品の引取るようなことです。

そしてそれを製造業者へ引渡すようなことです。

また一方、それを実際に受けて製造業者は電化商品の回収と再利用が義務になりました。

小売業、製造者、それぞれがきちんと分担し役割を果たすというようなことになりました。

これに関しては再利用を推進させる感じのことが義務づけられています。

また、回収を求めた家庭、事業所は、その電化商品を引取する小売業者、もしくは製造業者等から請求に応じて、回収のための代金を払うというようなことになりました。

このお金は処分廃棄にする感じのための代金と言ったら良いでしょうか。

その電化商品の中から使える部品を取り出し、利用しようと言うようなことです。

有効な部品はすべて再利用に回するのです。

そして不要な部分を破棄する手数料みたいなものと思って頂いたら良いでしょう。

捨てる感じのために代金を払うというようなことになれば、その品物をもっと長く大切に使おうとか、必須な人にもらってもらおうとか、今までのようにカンタンに関しては捨てなくなると思われます。

これは地球に優しく大変エコロジーです。

特定家庭用機器として、実際、平成16年4月1日から電気冷凍庫に関しては電気冷蔵庫とだいたい同じ扱いになりました。

そして、平成21年4月からは、実際、「特定家庭用機器」に液晶式TV、プラズマ式TV、衣類乾燥機の3点が追加されています。
[PR]
# by jiyunanoka | 2010-03-07 12:10


電化商品再利用法とは?

家庭から出される処分物、いろいろあります。

可燃ごみや、リソースごみ、そして粗大ごみなど、きちんと日常から分別されていることと思われます。

以前は基本的に各自治体単位で実際に収集して、その処理をきちんとしてきました。

ですが、粗大ゴミと呼ばれる感じの物のなかにもいろいろあります。

大型TVなど、大変大きくて重い感じのものもあります。

大変固い部品が使用されている感じのために、自治体のゴミ処理施設での処理ができない感じのものもありました。

家庭から粗大ごみとして出る電化商品商品はこのような感じの処理を困難とする品物が多いんです。

その粗大ごみの中でも、実際に分解して引取できるリソースとなる部品がかなり多くあります。

ですが、再利用するようなこと自体が、実際、以前は困難でした。

処分代金を取らずに引取した感じのものの、その殆どがうまく処理できず、もったいないというようなことに有効価値がある部品と共に埋め立てられていたんです。

そこで近年、処分物を減量させる感じのため、そしてリソースのリサイクルを考え、処分物を再利用する新しいしくみができました。

そのしくみを確立する感じのために新たな法律が制定されたんです。

その法律の名前は「特定家庭用機器再製品化法」です。

これは一般に電化商品再利用法と呼ばれているもんです。

この呼び名に関してはみなさんもきっとご存知でしょう。

この法律に従って、もうすでに再利用代金を払った感じのことがあるような人もいるでしょう。

1998年5月、電化商品再利用法が国会で成立しました。

そして同年6月に実際に公布されました。

2001年4月1日からきちんと施行されています。
[PR]
# by jiyunanoka | 2010-03-07 12:09

    
……。
by jiyunanoka
メモ帳
以前の記事
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧